お問い合わせ専用フリーダイヤル 《経理代行(記帳代行)、給与計算、振込、経理指導のバックオフィス》

全国の中小企業に経理代行(記帳代行)、給与計算、振込代行を行います。

中小企業の経理代行(記帳代行)、給与計算、振込代行、経理指導のバックオフィス
   トップページ   資料請求   無料相談   お問い合わせ
記帳代行 給与計算 経理指導 決算駆け込み 年末調整 事務代行 会社設立
2012年06月01日

繁忙期が終わりました

ようやく繁忙期が終わりました。

いつもの年なら、コンサルタントたちが非常に忙しく、私はそこまで大きな影響は受けていませんでしたが、今年は年明けから現場復帰したので、私もこの5か月間はかなり忙しかったです。

これから半年は、業務改善活動のスピードを上げたり、ITインフラを整備したりといった、時間のあるときしかできないような仕事をしたいですね。それと、一つ一つの仕事を深く掘り下げるような心がけを持ちたいと思います。

2012 06 01 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


2012年05月07日

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークは、三連休、四連休と、休日がきれいに固まってくれて、長い休みを取りやすかったようですね。九連休の話など、聞いていてうらやましいです。

当社は、月末はどこかしらの会社の税務申告書の提出期限になるので、まず休めることはありません。今回のように、月末が休日になると、提出期限はその次の平日になるので、ゴールデンウィークの谷間も休みは取れません。

3月末決算・5月末申告の会社が多いので、世の中の会計事務所では、ゴールデンウィーク返上という所員も多いことでしょう。

当社の社員は、その時期、有休は取れませんが、ここ数年、休日出勤はほとんど見かけません。日頃の行いの良さのためです(笑)

2012 05 07 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


2012年04月16日

見えていないもの

決算チェックをしていると、第三者的な目線が加わることになり、担当コンサルタントが近視眼的になって見えていなかったことに気づいたりします。

例えば、車両のリース料、ガソリン代、駐車料金などの支払いは一年間ずっと行われているのに、駐車場の賃貸契約が年度の途中で解約されていたことがあります。賃貸契約の解約書面が届いており、敷金などの精算も行われているので、書類上は辻褄が合っています。

担当コンサルタントはそこで納得してしまっていたのですが、私は、車両は使い続けているのだから新しい駐車場をどこかで借りたのではないかという疑問を持ちました。

そしてお客様に質問してみると、その通り、駐車場を新しく借りていました。

なぜそれを担当コンサルタントが気づかなかったかというと、お客様は駐車場の賃借料を個人で立て替えて払っていて、その領収書を新しい駐車場の契約書と一緒にどこかにまとめて保管していたために、新しい駐車場についての資料が一切当社に届いていないという状態になっていたからでした。

届いていないのだから気がつかなくても仕方がない。そういう考え方もありますが、当社は、お客様ですら忘れていたことに気がついてフォローする、そういうレベルのサービスを目指しています。ないものに気がつくこと、これもコンサルタントの重要な能力の一つです。

2012 04 16 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


2012年03月28日

決算チェック

当社の記帳代行サービス・決算駆け込みパックでは、コンサルタントという役職の者がお客様の会計データを仕上げて、税務申告書の作成を担当する税理士に渡す前に社内で私のチェックを受けます。

私は、仕上がった会計データを色々な角度から見て、質問したり間違いを指摘したりするわけですが、この質疑応答の中で、コンサルタントがそのお客様のことをどの程度深く理解しているかがすぐにわかります。まだコンサルタントになったばかりの社員だと、ときどきコテンパンにやられます。

かわいそうですが、これも教育です。同時に、彼らの成長度合いを確かめるための人事評価でもあります。

日々是決戦。どこかの予備校のキャッチフレーズにありましたね。みんな頑張れ!

2012 03 28 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


2012年02月15日

公私の区別

「趣味と実益を兼ねた」という言葉がありますが、仕事にもそういうことがよくあります。

・取引先であり友人である相手と飲みに行った
・仕事とプライベートの両方に使うPCを買った
・会社の経費で落としている携帯は必ずしも仕事の電話ばかりしているわけではない

小さな会社の社長さんなら、ほぼ全員経験していることだと思います。

会社負担額の上限を決める、だいたいの使用割合を計ってみて、以後はそれによって按分するなど、第三者が聞いて「合理的ですね」と納得してくれるような基準を作りましょう。お手盛りは税務調査で指摘を受ける可能性が高いですし、社員や株主など、利害関係者にも正々堂々と主張できる基準を作っておけば、周囲からの信頼は高まることでしょう。

2012 02 15 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)



トップページ | 小規模企業応援キャンペーン | 会計ソフトショップ | 資料請求 | お問い合わせ | サイトマップ

【会社案内】
人材募集 | パートナー募集 | マーケティングパートナー募集 | プレスリリース | 掲載記事 | 個人情報保護方針
経営方針 | 地図 | 会社概要 | 当サイトについて | 税理士法人バックオフィス・パートナーズ | バックオフィス・パーソネル社労士事務所

【無料サービス】
無料相談 | 助成金無料診断 | 経理テンプレート | 人事テンプレート | 議事録テンプレート | 契約書テンプレート
経理用語集 | メールマガジン

Copyright(C) 2000-2011 株式会社バックオフィス All rights reserved.