お問い合わせ専用フリーダイヤル 《経理代行(記帳代行)、給与計算、振込、経理指導のバックオフィス》

全国の中小企業に経理代行(記帳代行)、給与計算、振込代行を行います。

中小企業の経理代行(記帳代行)、給与計算、振込代行、経理指導のバックオフィス
   トップページ   資料請求   無料相談   お問い合わせ
記帳代行 給与計算 経理指導 決算駆け込み 年末調整 事務代行 会社設立
« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月25日

オリジナルの経営指標

経営指標には色々なものがあります。それぞれが意味を持った数字ですので、どれが大事ということを一律には言えませんが、その会社の事業内容や財務内容によって、どこを重視すべきかというポイントがあります。

エクセルを使って事業計画の数字をまとめていると、数値や式をたくさん入力します。複雑なものを作っていて、長い時間スプレッドシートと向き合っていると、だんだん集中力が落ちてきます。そうなると「結局どうなのか」ということを知りたくなって、キーとなる経営指標を考え始めます。

先日、面白い経営指標があったので、ご紹介します。

時流に乗った事業内容で急成長中の会社で、売上増加に対応した人材などへの先行投資のために必要資金額がどんどん大きくなってきています。この会社では、社長と私で、黒字倒産という事態にならないように常に資金状況をチェックしています。

この会社の売上には、即金で回収する場合と、売掛金となって長期間で割賦で回収する場合があり、割賦の比率が高くなると、資金繰りを圧迫しています。

手元資金が減る傾向にあるか、減らない傾向にあるかは、利益率と割賦売上の比率を比べるということを思いつきました。売上=費用であれば、割賦売上分の金額がすぐには入金されないため、その月の割賦売上の金額から過去の割賦売上を回収した金額の差額分だけ資金が減っていきます。しかし、売上>費用となって利益が出ていれば、その分資金が増えるわけですから、利益率>割賦売上比率であれば手元資金は減らない、ということになります。

売上・費用を予測した事業計画から連動するように作成した資金繰り予定表の一番下に、その二つの比率を大きな文字で表示するようにしたところ、未来の資金傾向がひと目でわかるものに仕上がりました。

2008 08 25 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)



トップページ | 小規模企業応援キャンペーン | 会計ソフトショップ | 資料請求 | お問い合わせ | サイトマップ

【会社案内】
人材募集 | パートナー募集 | マーケティングパートナー募集 | プレスリリース | 掲載記事 | 個人情報保護方針
経営方針 | 地図 | 会社概要 | 当サイトについて | 税理士法人バックオフィス・パートナーズ | バックオフィス・パーソネル社労士事務所

【無料サービス】
無料相談 | 助成金無料診断 | 経理テンプレート | 人事テンプレート | 議事録テンプレート | 契約書テンプレート
経理用語集 | メールマガジン

Copyright(C) 2000-2011 株式会社バックオフィス All rights reserved.