新規お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-661-789 (携帯からもOK)
          

経理代行(記帳代行)、給与計算、振込代行を全国の中小企業に行います。


  株式会社バックオフィスは、経理代行(記帳代行)、給与計算、振込代行、経理指導を中小企業向けに格安で行っています。
   トップページ   資料請求   無料相談   お問い合わせ
記帳代行 給与計算 経理指導 決算駆け込み 年末調整 事務代行 会社設立


メールマガジン



 ■□■    編集・発行 株式会社バックオフィス 第3号   ■□■  

株式会社バックオフィスのメールマガジン担当、桜えみ子と申します。

日中はまだ蒸し暑い日々が続いていますが、夜はだいぶ涼しくなってきましたね。私の周りでは、急に冷えたせいか(寝冷え?)風邪をひいている人が増えています。皆さんも健康には気をつけてくださいね。
せっかくの秋の味覚が楽しめなくなっちゃったら悔しいですよ!
では、今回も張り切って行きましょう!


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ■データから見る経営
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
会社経営には色々な数字がついて回りますが、社長、得意先、仕入先、従業員、銀行等々、同じ数字を見ても、見る人によって視点は違い、それぞれ全く違う結論を導き出します。
このコーナーでは、株式会社バックオフィスの小杉和久が、様々な経営指標となる数字のベーシックな見方を解説するだけでなく、会社の数字を様々な視点から見て、誰がどんな印象を持つかをご紹介していきます。会社の数字を語るわけですが、軽く読めるように、あまり数字を用いないで書いていきます。


●●● データから見る経営(3)  お金は生かして使え ●●●

最近、大手企業の総資産圧縮や資金効率の向上などという話が、よく新聞に載っています。資金効率とはどういうことでしょうか? また、総資産を圧縮すると、なぜ経営にとってプラスなのでしょうか?

70円でものを買って、100円で売るというビジネスをしている場合、1回の取引で30円の利益があがります。年に1回この取引を行うためには、元手を70円用意して、年間30円の儲けです。ところが、同じ取引を月に1回行うと、30円の儲けが上がる取引が年に12回できるため、同じ元手で12倍の360円が儲かります。

「元手」とは資産のことです。仕入という行為は、手元の資金を商品に替える行為です。販売という行為は商品を再び資金に替える行為で、販売時に上乗せする金額が「粗利」です。つまり、資産の内容がぐるぐると形を変えていく課程で、利益を生むわけです。

ところが、手元に資金を用意するには、資金調達コストと呼ばれるコストがかかります。借入をして資金を用意すれば利息を払わなければなりませんし、資本金として用意すれば配当を出すことが必要です。つまり、同じ取引をするために、持っている資産をより少なくする方が、利益が上がりやすいのです。

ROA(総資産利益率)という言葉は、この発想から来ています。持っている元手をどれだけ多く回転させているかで資金効率が計れます。利益の金額を貸借対照表の左側にある「資産の部」の合計で割った数値がROAになります。分母となる総資産額が少ないほどROAが高くなるわけです。

資産の内容が資金でなくても同様です。工場を持っていれば、有効活用しなければ利益は上がりません。有効活用の方法は即ち、操業度を上げるということでしょう。大手企業が余剰設備を廃棄するのは、操業度が低いままの状態を放置しておくよりも、工場を処分することで、借入を返済して利息を減らすことができるからです。

中小企業の場合、大手企業のように、工場をいくつも持っていたり手元の余剰資金がそれほど多かったりしないケースが多いですから、資金効率を上げるための対策は、すこし異なってきます。

資金効率を上げるための考え方は、次の通りです。
  1. 売掛金・受取手形の滞留時間を少なくして、早く現金化する。
    早く現金になれば、早く次の取引に回せます。
  2. 定期や積立はしない。
    銀行とのつきあいで、定期預金・積立預金をしている会社も多いようですが、銀行員のノルマへの協力でしかありません。この低金利の時代に運用収益はたかがしれていますから、解約して本業に回すほうが効果的です。
  3. 支払いはなるべく遅くする。
    遅延するという意味ではなく、最初から支払いサイトを長く設定しておくことです。支払いが遅ければ、手元に現金が残り、その積み重ねで、調達が必要な金額は減らせます。固定資産を買わずにリースにするのも効果的です。
  4. すぐに儲からないものに投資しない。
    すぐに儲からないものに投資すると、その投資は資金を「寝かせる」結果になってしまいます。資金効率の観点だけから見ると、早期に資金が回収できるものに絞って投資すべきです。
  5. 固定的な設備にはなるべく投資しない。
    設備投資は資金回収に時間がかかります。投資すべき理由をじっくり検討して、バランスを見て判断すべきです。
  6. 使っていないものは損が出ても売却する。
    工場の片隅に眠っている古い機械や、オフィスに置いてある備品など、使っていないものがあったらすぐに現金に換えるべきです。現金はその日から使えますが、使っていない備品はすぐには使えません。
  7. 敷金・保証金はできるだけ値切る。
    敷金・保証金は資金を寝かせる最たるものです。このために借入をして利息を払うのは大変です。交渉して少しでも金額を引き下げましょう。
あなたの会社にあてはまるものはありましたでしょうか?
次回は在庫のお話しです。

株式会社バックオフィス 代表取締役 小杉和久


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ■知らないと損をする? 各種助成金情報
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
助成金情報コーナー第3回目は、継続雇用定着促進助成金(擬錙砲両霾鵑任后

この助成金は、定年の引き上げ、勤務延長、再雇用、在職出向により、希望者全員を
61歳以上の年齢まで継続雇用する制度を導入したとき支給される助成金です。
この助成金は、継続雇用制度奨励金と呼ぶこともあり、継続雇用制度の導入と、定着
を目的としています。

この制度を利用する事業主は、次の全ての条件に該当する必要があります。
  1. 雇用保険に加入していること。
  2. 就業規則または労働協約で60歳以上の定年が定められていること。
  3. .就業規則または労働協約で、希望者全員を61歳以上の年齢まで雇用する雇用延長制度(定年の引き上げ、勤務延長、再雇用、在籍出向)を設けたこと。
  4. 3の継続雇用制度は、継続雇用制度導入以前の定年または継続雇用制度による最高の退職年齢を超えていること。
  5. 3の雇用継続制度を導入した日に、1年以上継続して、雇用されている55歳以上65歳未満の常用使用する従業員が1人以上いること。
さて、気になる実際にもらえる金額ですが、雇用延長制度の種類により、以下の表の金額を受給できます。
ただし、2年目以降は、制度の適応を受ける従業員が何人いるかによって、受給できない場合もありますので、ご注意ください。
  1. 「定年延長等」
    61歳以上65歳未満の年齢まで雇用する制度を設けた場合。雇用延長期間に応じて、下
    記の表の金額が助成されます。
    企業の規模と継続期間(最大5年)に応じて下記のようになります。(単位:万円)
    常用被保険者数 1年延長 2年延長 3年延長 4年延長
    1〜9人 50×1回 50×2回 50×3回 50×4回
    10人〜29人 100×1回 100×2回 100×3回 100×4回
    30人〜99人 150×1回 150×2回 150×3回 150×4回
    100人〜299人 200×1回 200×2回 200×3回 200×4回
    300人〜 250×1回 250×2回 250×3回 250×4回

  2. 「定年延長等」
    65歳以上の年齢まで雇用する制度を設けた場合。
    企業の規模と継続期間(最大5年)に応じて下記のようになります。(単位:万円)
    常用被保険者数 1年延長 2年延長 3年延長 4年延長 5年延長
    1〜9人 60×1回 60×2回 60×3回 60×4回 60×5回
    10人〜29人 120×1回 120×2回 120×3回 120×4回 120×5回
    30人〜99人 180×1回 180×2回 180×3回 180×4回 180×5回
    100人〜299人 240×1回 240×2回 240×3回 240×4回 240×5回
    300人〜 300×1回 300×2回 300×3回 300×4回 300×5回

  3. 「定年延長等以外の継続雇用制度」を導入した場合。
    企業の規模と継続期間(最大5年)に応じて下記のようになります。(単位:万円)
    常用被保険者数 1年延長 2年延長 3年延長 4年延長 5年延長
    1〜9人 40×1回 40×2回 40×3回 40×4回 40×5回
    10人〜29人 80×1回 80×2回 80×3回 80×4回 80×5回
    30人〜99人 120×1回 120×2回 120×3回 120×4回 120×5回
    100人〜299人 160×1回 160×2回 160×3回 160×4回 160×5回
    300人〜 200×1回 200×2回 200×3回 200×4回 200×5回

注意していただきたい点は、この助成金は、雇用延長の導入の仕方によって、受給できる金額が違うということです。また、条件が合わない場合は、2回目以降の受給もできなくなることがありますから制度の導入には、充分気をつけてください。なお、就業規則を作成していない場合も、受給できる可能性があります。

↓自分の会社が助成金を受給できる対象かどうかを、今すぐ診断したい方はこちら
http://www.back-office.co.jp/subsidy.html

次号からは、各種助成金の内容と受給の条件について、ご紹介をさせていただきます。お楽しみに!


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   
■シリーズ会社と生命保険
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
会社にだって、保険は必要です。万が一に備えて、会社で契約する保険とその経理処理について知っておきましょう!
このコーナーは、保険のエキスパート、株式会社保険企画出版社の柿内宏文さんに、毎月アドバイスをいただいていきます。


●●● 知っておきたい会社契約の経理処理(3) ●●●

先月は経営者型(契・受=会社、被=役員・従業員)の定期保険の支払保険料の経理処理についてお話ししましたが、今月から2回にわたって、その中で特殊な定期保険である長期平準定期保険の保険料の経理処理についてお話ししていきます。

まず今月はその第1回目として、長期平準定期保険とはどんな商品なのかをご説明します。(保険料の経理処理は第2回目として来月お話します。)

一般的にみなさんよくご存知の定期保険は、全て、その保険料は全額損金計上できると思われがちですが、この長期平準定期保険だけは1/2損金型と呼ばれて、特殊な取扱いをします。

その見分け方は、契・受=会社、被=役員・従業員の法人契約の定期保険のうち、

(保険期間満了時の被保険者の年齢>70歳)かつ
(加入時の被保険者の年齢+保険期間×2>105)

となる契約が長期平準定期保険と呼ばれます。(ただし、特定の者のみを被保険者、死亡保険金受取人をその遺族とする契約形態で、その保険料が当該者に対する給与となる契約は除きます。) 

それ以外は、一般の定期保険となります。

具体的な契約例(85歳満期の定期保険>70歳)は次のとおりです。
  1. 契約年齢60歳の場合
    60+(85−60)×2=110>105となり長期平準定期保険
  2. 契約年齢67歳の場合
    67+(85−67)×2=103<105となり一般の定期保険
★定期保険にご加入の方は一度調べてみてください。来月は、長期平準定期保険の支払保険料の経理処理をお話しします。お楽しみに!

株式会社保険企画出版社 代表取締役 柿内宏文


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ■えみ子のこぼれ話
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
秋といえば、皆さんは何を想像しますか?
「やせの大食い」で有名な私はもちろん食欲の秋!です。
秋になると毎年、チョコレートの新製品が出るんですよね。とっても楽しみです。

ところで、会社の経費で飲食をした場合、金額や食事の内容にもよりますが、何でも交際費にしてしまわず、他の科目で仕訳できないか、もう一度見直してみましょう。
交際費と隣接した関係にある科目には、会議費、福利厚生費、広告宣伝費などがあります。交際費は、これらの科目の中では特別な扱いになり、法人税を計算する上で、経費(損金)として認められる年間の限度額があります。これを定額控除限度額といいます。
定額控除限度額は、期末の資本金が1000万円以下の場合は年間400万円、1000万円を超え、5000万円以下の場合は300万円、それ以上の資本金の場合は0円となります。さらにその限度内の金額の20%分は損金として算入されません。これを損金不算入額といいます。

つまり、経費と思って交際費を多く使っていると、税金がかかってしまいます! これを可能な範囲で他の科目に振り分けることで、コストダウンに繋がるのです。
交際費の目安は、取引先の人と1人当り3000円以内で、酒類を飲まない食事をすることです。ただし、お茶代わりにビールで喉を潤す程度の飲酒なら、会議費として認められるようです。

たとえば、従業員が5人・資本金1000万円の会社で、1回の飲食代が10万を超えるような領収証は交際費にせざるを得ないでしょうが、1〜2万円程度の飲食ならば会議費と考えてもよいケースもあります。ただし、その領収書が明らかに居酒屋のチェーン店のものであったりしたら、交際費にしなければならないでしょう。

また、大人数での会議があって、1人当りの金額は3000円もいかないまでも、1枚の領収証の金額が大きくなるような場合は、お店の人にお願いして、参加人数を記入してもらえば、会議費で仕訳をすることができます。
明らかにお酒を飲んでいる場合でも、たとえば歓送迎会の費用を会社で負担したり、期末に社員全員でお疲れ様会を行うなど、従業員のために費用を使った場合は、福利厚生費として仕訳をするのが適切です。

このようにして、何でも交際費で仕訳をしてしまわないで、飲食をした領収証の1枚1枚を見直して、本当にこの領収証は交際費になるのかを確認しましょう。細かいことですが、こういう努力のひとつひとつがコストダウンにつながります。

なお、個人事業主は交際費の定額控除限度額はありません。
ただし当然のことながら事業に直接必要のある支払いでなければ損金となりません。つまり、毎日の晩酌のために酒屋さんから買ったお酒などは交際費になりませんのであしからず(^^;;
他にも、個人事業主の場合、たとえばゴルフ費用などは、事業との関連性が問題とされるため、事業との関連性を説明できるようにしておいてください。たとえば、領収書に一言、取引先の○○さんと△△さん・・・のように、相手の名前を書いておくとよいでしょう。
では、また来月をお楽しみに(^o^)/


編集・発行 株式会社バックオフィス  担当:桜えみ子




トップページ | 小規模企業応援キャンペーン | 会計ソフトショップ | 資料請求 | お問い合わせ | サイトマップ

【会社案内】
人材募集 | パートナー募集 | マーケティングパートナー募集 | プレスリリース | 掲載記事 | 個人情報保護方針
経営方針 | 地図 | 会社概要 | 当サイトについて | 税理士法人バックオフィス・パートナーズ | バックオフィス・パーソネル社労士事務所

【無料サービス】
無料相談 | 助成金無料診断 | 経理テンプレート | 人事テンプレート | 議事録テンプレート | 契約書テンプレート
経理用語集 | メールマガジン

Copyright(C) 2000-2011 株式会社バックオフィス All rights reserved.