新規お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-661-789 (携帯からもOK)
          

経理代行(記帳代行)、給与計算、振込代行を全国の中小企業に行います。


  株式会社バックオフィスは、経理代行(記帳代行)、給与計算、振込代行、経理指導を中小企業向けに格安で行っています。
   トップページ   資料請求   無料相談   お問い合わせ
記帳代行 給与計算 経理指導 決算駆け込み 年末調整 事務代行 会社設立


経理・経営用語集

囚人のジレンマ


略称: Prisoners' Dilemma

ゲーム理論の典型的な例示の一つで、2人の囚人が行う駆け引きとその帰結を示していて、個々人では最適な選択が全体としの最適な選択とはなりえない状況を示す例示である。「前提」 1. 同一の事件で逮捕された二人の被疑者が別々の牢獄に捕らえられており、お互い意思疎通は図れない。 2. 検察は2人の被疑者に「自白すれば司法取引により釈放する。ただし、もう一人も自白した場合には懲役3年にする」と条件を提示する。 3. 2人がそのまま黙秘していれば、有罪だが証拠不十分で懲役1年となる 4. 片方が自白して、もう一人が黙秘した場合には、黙秘した者だけが懲役5年となる模様である。この前提では、自白すれば釈放もしくは懲役3年であるが、黙秘すれば最低懲役1年、悪くて懲役5年となるため、自白が双方にとって最適の選択となるため、両方懲役3年となる。しかし、お互いに黙秘していれば2人は懲役1年で済む。このことから、2人(全体)としては黙秘することが最良であるが、個人としては自白したほうが望ましいので、その選択にジレンマが生まれるという例示。このとき個人に最良の選択をした結果として得られる帰結を「ナッシュ均衡」という(この場合では「双方自白」である)。また、他者の効用を犠牲にすることなく、自分の効用を高めることができないパレート最適な帰結は「双方自白」以外の選択による帰結である。

一覧へ戻る



トップページ | 小規模企業応援キャンペーン | 会計ソフトショップ | 資料請求 | お問い合わせ | サイトマップ

【会社案内】
人材募集 | パートナー募集 | マーケティングパートナー募集 | プレスリリース | 掲載記事 | 個人情報保護方針
経営方針 | 地図 | 会社概要 | 当サイトについて | 税理士法人バックオフィス・パートナーズ | バックオフィス・パーソネル社労士事務所

【無料サービス】
無料相談 | 助成金無料診断 | 経理テンプレート | 人事テンプレート | 議事録テンプレート | 契約書テンプレート
経理用語集 | メールマガジン

Copyright(C) 2000-2011 株式会社バックオフィス All rights reserved.